「田七人参」といえども、色々な「田七人参」商品や素材が出回っています。

頭数というのは一つの田七人参の”分別”の一つです。

頭数は一つの「判断基準」です。

田七人参は大きいものが好まれる現地での習慣があり
大きいものが高値で取引されています。

ここがポイントなのですが頭数だけに気を取られない事。

田七人参は作物である以上、その状態や生産者が重要となります。

というのも日本で取れるものでは無いので
まがい物や粗悪品がある場合があるからです。

必要以上に警戒する必要はありませんが
信頼の置ける生産者・ルートからのものであるのか?
を正しく見極めることも大切になって来ます。

別のページでお話ししましたが

■トレーサビリティ

いつ?どこで?誰が?

日本でも言えることですが
しっかり管理されている安心・安全の食品だけを
選んで”摂って”いきたいというのが
生活者全ての想いだと思います。

田七人参にかかわらず、生産者など
はっきりわかるもの、出来るだけ情報が開示されている
「田七人参」を選ぶという選択肢をお勧めしたいと思います。