※2019・1/23(水)24(木)25(金)東京ビッグサイト/健康博覧会に出展いたします。製品や原料をご検討中の方はどうぞお気軽にお越しください。

田七人参って何??

愛嬢人参田七人参大栄田七農場

田七人参とは?

田七人参はウコギ科の食物です。
人参といっても普段私たちが食卓で並んでいるような
人参ではありません。

田七人参は中国では漢方として扱われている
貴重な”人参”になります。

その歴史は古く、中国政府がずっと長い間禁輸政策を
取っていたため日本へ入ってきたのは、
ここ100年くらいのことと言われています。

金にも変えがたい、という意味で「金不換(きんふかん)」との
別名もあり、人参の王様、と言われてきました。

田七を栽培した後にはその場所には10年〜の土地を
休ませる期間が必要であり
大地の恵みを吸い上げる。と言われています。

田七人参の生産地は中国南部になります。

科学的な薬がどんどん発達していく中で、
田七人参をはじめ、自然そのものの素材にも
注目がどんどん集まっています。

その背景には、瞬発的に”治療”する薬を扱う方法と
薬、とはまた違う考え方、
日々体を養っていく私たちの生活の基本について
考えさせられます。

田七人参は中国では”漢方”として処方されていますが
日本では食品扱いとなっています。

そのことから比較的手に入れやすい健康素材ではありますが
日本で栽培されているものではないため
当然のことながら日本と同じように
その素材の品質が大事になってきます。

 

●”生産者”は誰か
●”栽培技術”はどうか
●”栽培の品質管理”はどうか
●”郵送時の温度管理”などは大丈夫か
●”粉砕前の品質検品”は大丈夫か
(粉砕されればもうわかりません)

 

・・・などの
判断基準があります。

大栄田七農場は大栄トレーディング株(健康食品メーカー)が
運営する農場になりますので、生産元がはっきりしています。

大切に育て上げた自社栽培の田七人参を収穫した後
2度の検品を経て、品質を落とさないように素早く空輸します。

本社でまずは受け取り、まずは検品。

その後日本GMP認定工場へ運び、粉砕・滅菌・加工します。

ここでの注意点は”粉砕されてしまえばもうどんな品質”だったのか?
を知ることはできないことです。

粗悪品や痛んだ田七人参などが紛れ込まないようにするために
私たち大栄田七農場は特に検品には気を配っています。

大切に育てた田七人参だから、そのままの状態に近いものを
お客様のもとへお届けしたい、とそう考えています。

そこからできたのが愛情込めた大切な田七人参
そのまま何も加えない100%・・・・

”愛情人参 田七人参”に仕上がったのです。

 

愛嬢人参田七人参大栄田七農場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です