陳先生の農場日誌

陳先生

初めましてみなさん。大栄田七農場事業の陳(ちん)と言います。
田七人参の商品開発・農場視察など、田七人参について日々学び、研究しています。中国では医師免許を習得している私ですが田七人参はまだまだ謎も多く、とても期待を寄せている頼もしい素材なんです。

陳先生

農場の視察は、視察だけでも大変です。日本から移動時間は1日〜。羽田から上海→雲南省昆明→文山と三度飛行機を乗り継いで、車で数時間で到着します。

陳先生

今回は11月ごろの視察でしたが、現地社員と原住民族のみなさんで頑張っていましたね!

お疲れ様〜!陳先生!!

ターナちゃん

陳先生

ありがとう、ターナちゃん。現地は山道も大変だったけど生き生き働くみんなの顔が見れて嬉しかったよ
田七人参のこと、たくさん見てもらえたかな?

ターナちゃん

陳先生

とても広い山での栽培になるから水道もないし、電気は自家発電なんだ。でもみんな笑顔で頑張ってるんだよね。僕も運動は日頃から心がけているけれど、それでもきつかったな。(笑)でもたまに現地に行くとみんなの田七に対する思いや、生き生きと育つ田七を見るととても強い自然の力・人の力が合わさっていいと思うんだ!

 

農場での収穫ではすごい笑顔!誇らしげだね〜♪

ターナちゃん

陳先生

現地は紫外線も強く、日差しの加減も大切なんだよ。弱くなった葉はすぐ取るなど見回りも大事な仕事だね。大切に育てた田七人参だから収穫の時はやっぱりみんなとても元気なんだろうな。

陳先生

朝晩の温度の変化も激しいから体調管理は大切なんだ。なんせ温度差20度なんかもあるからね笑
大自然だからね〜!

ターナちゃん

陳先生

とにかく農場は広い!普段東京に住んでいると色々気づかされるものもあるね。でもどこでも作れるものじゃないからこそ社員も誇りを持って働くことができると思うんだ。社員紹介のページに載っている黄くんの作文を見るとすごいなあと思うよ。
うん、ネバーギブアップ感と田七人参農場ブランドに対するプライドがすごく良くわかったもん。

ターナちゃん

陳先生

今回は現地田七人参研究室の所長とも対談してとても有意義な時間が過ごせました。

陳先生

田七人参は自然の恵み。世界中でその研究は進んでいます。また農場視察に行くときは体力をつけておかないとですね。

 

陳先生は太極拳!だよね。また色々教えてね、陳先生!

ターナちゃん

陳先生

了解です。ターナちゃん!